English | Russian | 簡体中文 | 繁体中文 
迫害事実
総合報道
社会の反響
迫害停止への請願
月順検索
連絡先
明慧ネット(日本語版)
法輪大法 in Japan
金子容子さんの救出

「中国が嘘をつき、人々が死んでいる」

法輪功学習者はニューヨークのタイムズ広場に集まった

法輪功学習者の親族たちが、自分たちの愛する者たちが
中国で監禁、拷問されていると呼びかける

ニューヨーク(FDI)― 世界中から二千人以上の法輪功学習者とその支援者たちが、中国政権の虚偽の宣伝を暴露するために、タイムズ広場やフラッシング、ブルックリンを含むニューヨーク市をまたぐ数箇所に集まった。タイムズ広場では、500人以上の人々が、ブロードウェイの42番通りと41番通り間を完全に埋める3時間に及ぶ集会に参加した。フラッシングでは、他の500人が大通りに沿ってパレードを行った。また、マンハッタンとブルックリンのチャイナタウンでも小さな集会が開かれた。アメリカやカナダ、ヨーロッパ、アジアから来た法輪功学習者がこのイベントに参加した。

"中国が嘘をつき、人々が死んでいる" ― 異常な政権が暴露された
タイムズ広場では、法輪功学習者が「中国が嘘をつき、人々が死んでいる:我々の家族の救援を助けてください」と書かれた旗の下に集まった。集会の主催者は「SARS疫病の惨事は、ただ北京のリーダーの"失策"ではなく、むしろ政権が疫病にかかっていることが問題であり、特に多くの人々が考えているように依然この国の政権権力を握っているのは元リーダーの江沢民であり、彼はこの異常な権力を人々の関心や大切な生命以上に重視している」と語った。

「SARSの惨事によって、たとえ大衆の命が危険に直面しても、この政権は自分の利益の
ために嘘をつき宣伝を広げていくということが証明された」と法輪大法情報センターのスポークスマンのレビ・ブラウド氏は語った。また「ほぼ4年の間、この政権は厳しく法輪功を迫害し、そしてそれを隠すために世界中に嘘の宣伝を広げていることを我々は証明してきた。この政権の本質は、ただ中国だけではなく全世界に対しても異常な扱いを取らせた」と語った。

ボランティアたちは通行人にチラシを配布していった。このチラシには、中国における法輪功への迫害や、法輪功に対する"集団虐殺の罪"によって江沢民がアメリカで起訴され、そして彼が中国の人々や世界の人々にこれらの事実を隠すために色々な努力をしたことについて書かれている。

このチラシはまた、依然続けて法輪功の迫害に手を貸すすべての中国官吏員を調査し、そして彼らを法に照らして制裁を加える努力について説明している。

親族らが、自分たちの愛する者たちが中国で監禁、拷問されていると呼びかける
数千人の旅行者や地元ニューヨークの人々は、通りを通り過ぎるとき、親族らが自分たちの愛する者たちが中国で法輪功を実践しているために、監禁され、拷問されている話を聞いた。演説者の一人は、チャールス・リ博士の婚約者である。チャールス・リ博士は最近、中国の国営放送ネットワークで法輪功への迫害を暴露するテレビ番組の放送を計画したとして、中国で拘束され判決を下された。

ウェーウェーという八歳の子供は、彼のお父さんの話を民衆や警察官に話し、多く魅了した。彼の父のジァン・ユヘゥイは、中国における法輪功への迫害を暴露するニュース記事を書いたため、中国当局によって非法に拘束された。

またアミ・リーという、法輪功を実践したために中国の拘留所で拷問された後、アメリカまで逃げることができた彼女も、自らの体験を語った。