English | Russian | 簡体中文 | 繁体中文 

若い女性は、話すことのできない拷問
と強姦を受けた後、精神的に崩れた

国家制裁の「洗脳」は法輪功学習者に自分の信念を
捨てさせるために組織的拷問手段を使っている

ニューヨーク【法輪大法情報センター】―  32歳の朱霞は、泣き叫んだり、笑ったり、そしてしばしば狂ったよう
家族は、32歳の朱霞はもともと「元気で活気に満ちた人」だが、彼女は拘束された後、話されない拷問及び強姦されることで精神的に崩れた。
に強くドアや窓を叩いたりしている。彼女は抑えきれずに、自分の服を汚して、そしていつも見えない敵に囲まれていると妄想して、ゴロゴロ寝返りを打つ。

朱霞はよく、夜になると、身を守るために、両手で自分の頭を抱えると、「あなたは私をレイプするつもりか」と鋭い叫び声をあげる。

彼女はマットレスのカバーを取り外して、中の綿花繊維の上に寝ると、また「あれらの恐ろしい男」を呪い、自分は「今後これを取ることができない」とつぶやいた。

これは、彼女が法輪功を実践することで警察に連れて行かれる前の、家族が描いていた「元気で活気に満ちた」若い女性ではなかった。

数十万、あるいは数百万かもしれない中国国内における法輪功学習者と同じように、中国当局は強制的に朱霞に法輪功を放棄させるために、彼女を拘束し、そして洗脳クラスに送り込んだ。

彼女は四川省シンジン県にあるピ県洗脳センターに監禁されていた。

2004年4月2日、ピ県当局は朱霞を釈放した。彼女の家族によれば、朱霞の精神及び体の健康面で大きな打撃を受け
朱霞は、法輪功の実践で拘束されていた洗脳センターから釈放された後、押さえきれずに、叫んだり、泣いたりしている。
、そして彼女は精神的に徹底的に崩れた。

朱霞はもはや、一人で生活できなくなったので、今は母親が世話をしている。

家族によると、朱霞の精神状態と行為から、彼女が間違いなく言葉では言えないような拷問を受け、また繰り返し強姦されているようだが、彼女がピ県洗脳センターで経験したことの確実な詳しい情報はまだ入っていない。

強制的に法輪功学習者に自分の信念を放棄させるための、彼らへの残酷な組織的拷問は、無数の目撃者及び被害者によって立証された。これらの拷問手段は、常にスタンガンで性器、肛門、そして口のような敏感な部位に電気ショックを与えること、パイプを使って残酷に殴打すること、熱いアイロンで火傷を負わせること、強姦、そして集団輪姦を含める。

一部の報告者は、大連強制労働収容所で、女性の抑留者が天井から大の字の形で吊るされながら、棒、またコショウ油を膣に押し込まれていた、と証言した。この拷問手段は「尻分け」として知られている(ニュース)。男性は裸にされ、そして電流を強くさせるために、水を浴びせるとすぐに、スタンガンで電気ショックを与える。