|

特集:【歴史に銘記された四・二五】



◆ 五年に及ぶ迫害停止を呼びかける4月25日を記念する世界的行動 2004年05月05日
1999年4月25日、推定によって一万人の法輪功学習者は北京の中央政府に平和的な陳情を行って、自分の権利を守ろうと求めた。この非暴力的な努力は、中国の史上にある最も残酷な迫害の下で、今日も続けている。

ニューヨーク【法輪大法情報センター】― 法輪功学習者は4月25日に世界各地で4・25事件を記念する活動を行って、新たに北京へ、法律専門家が組織的大量虐殺とみなす五年に及ぶ弾圧運動をやめるよう呼びかけている。

1999年4月25日、法輪功は世界に衝撃を与えた。その時、約一万人の支持者が北京で中央政府に陳情した。集まった人たちは、公安局による不法行為と国の気功に関する政策に違反する中傷誹謗の文章を是正するよう政府の担当者に要請した

◆ 1999年4月25日の一万人大規模陳情の真相(連載三) 2003年05月21日

◆ 風雲急を告げる四.二五―― 4月25日の一万人大規模陳情の真相(連載二) 2003年05月15日

◆ 歴史に銘記された四・二五―― 4月25日の一万人大規模陳情の真相(序文) 2003年05月14日