|

特集:【私たちの家族を救おう】



◆ 中国の刑務所は、あるアメリカ人とアメリカ領事館との連絡を遮断し、彼を洗脳しようとしている 2003年08月16日

◆ アメリカ市民が中国の刑務所で断食を行う、アメリカ政府関係者「中国政府は、リ医師の生命の安全に責任がある」 2003年08月12日

サンフランシスコ(法輪大法情報センター)− 在上海米国総領事によると、深刻な人権侵害に対する平和的な抗議として、中国の刑務所で拘束されているアメリカ市民が断食を行うという。

リ医師は中国政府によって運営されている放送局の番組に侵入し、中国での法輪功に対する迫害の状況を暴露する"準備"をしたとして4月に「見せしめ裁判」へ引き出され、その後、投獄された。

「中国政府はリ医師が、『迫害の状況を暴露する準備』をしたと主張しているが、彼はまさにそのとおりの人権侵害の危機に晒されています。なぜなら、彼を『見せしめ裁判』によって投獄し、彼の意思を打ち砕くために隔離し、信念を捨てさせるために圧力をかける戦術を濫用しているからです。」法輪大法インフォメーション・センターのスポークスマンのアーピン・チャンさんは述べた。

◆ アメリカ人は中国の監獄で殴打され、そして強制的に食物注入され、アメリカ国務省「中国当局は責任を取らなくてはならない」 2003年08月11日

サンフランシスコ(法輪大法情報センター)― 上海に駐在するアメリカ領事館の消息筋によれば、中国の監獄に監禁されているアメリカ人が断食を行っていたところ、監禁中殴打され強制的に食物注入された。

アメリカ市民であり法輪功愛好者であるチャルス・リ医師は、5月27日から断食を行っていたが、5月31日以降、南京監獄の中にある病院で強制的に食物注入された。

中国で監禁中死亡した法輪功愛好者の十分の一は、強制的な食物注入によるものであった。

◆ アメリカの国会議員アンドリュース氏は、チャールズ・李が捕まった事件について、パウエル国務長官に手紙を送った 2003年02月15日