|

【迫害事実】

前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次へ  (1/9) 合計件数:128


◆ 注目された中国良心の囚人、入関で止められた父の自由を確保しようとした米国人夫婦、中国がいやがらせ 2016年08月14日

ニューヨーク――米国市民の王暁丹氏と米国人の夫は、8月9日に目的を達成できずに中国から米国に帰った。彼女の父の王治文氏は有効なパスポートとビザを持っているにもかかわらず、中国政府が王氏が中国から離れることを許さなかったので、夫婦二人は試みが無駄になったことに絶望した。王治文氏は中国で最も有名な法輪功学習者の一人である。彼は北京の法輪功学習者の世話人として知られていただけで、15年の実刑判決を受けた。彼は2014年に刑務所から釈放された。。。

◆ 公には監禁が終了したが、極秘に洗脳センターに移送された 2014年10月25日

ニューヨーク――北京にある法輪大法研究会協調人の一人王治文氏は15年間服役した後、10月18日(土)に釈放された。しかし、地元の警察は直ちに彼を北京の昌平区にある洗脳センターに移送した。
 
法輪大法情報センターの広報担当者である張而平氏は次のように指摘した。「その王治文氏への違法な連行に対して我々は重大な関心を持っています。恐怖の中国の刑務所と同じように恐ろしい洗脳センターは、実際には一層恐ろしいところだ。彼らは何故、彼の刑期を繰り上げて、直接洗脳センターに移送したのか。」。。。

◆ 数百万法輪功学習者の洗脳活動が狙い 2013年12月01日

ニューヨーク――西側メディアはこの数日、広く非難されていた共産党の強制労働収容所システム閉鎖の決断を人権分野での進歩だと位置づけた。しかし、心身への拷問による新たな作戦は、北京政権の弾圧の仕組みが依然として機能していることを示す。その作戦は、中国における無数の法輪功学習者の洗脳を狙ったものである。。。

◆ 47歳の女性が拉致直後に死亡 2012年08月12日

中国南部で健康な中年女性法輪功学習者は、街中許チン生氏は、湖南省の法輪功学習者で警察に拉致された後の数時間のうちに、謎めいた状況の下で死亡した。近所と友人などの市民のサポートで、家族は独立の病理学者を依頼し、彼女の死亡原因を確認しようと努力している。

2012年5月16日午前10時、湖南省チン州市の警官は、恐らく許チン生氏が法輪功学習者であることに気付いて、街から彼女を拉致した。。。

◆ 53歳の男性、警察による一日監禁の後に死亡 2012年08月09日

中国吉林省、53歳の男性が、法輪功を煉功したと言うだけで、警官に拉致され、監禁中に死亡した。当局は男性の遺族に通知したが、遺族はその急死の状況を明かにするよう求めている。

5月29日夜、多くの警官が吉林市の中心部で、20人の法輪功学習者を自宅から拉致し、彼らの所持品を押収した。

于学忠氏は他の法輪功学習者の家を訪ねていたときに、警官が乱入して二人を拉致した。于学忠氏は高新警察署に連行され、尋問され殴打された。。。

◆ オリンピックのセーリング会場の青島付近に住む山東省の46歳の女性が拷問によって死亡 2008年10月02日

ニューヨーク【法輪大法情報センター】法輪大法情報センターは次の情報を入手した。不法に逮捕、そして21日間連続して拷問を受けた46歳の女性が傷害によって死亡し、そして2008年6月21日に火葬にされた。

肖素敏氏は、中国における法輪功迫害によって死亡した、3,163人目(実際の死亡者総数は、数倍に高いと思われる)の法輪功学習者である。肖氏は、2008年オリンピックのセーリング会場の所在地である青島の北から約80キロの山東省平度市に在住。また山東省は、法輪功学習者の精神上の信仰を理由として拷問を実施する警備員たちによって、中国で4位の高い死亡率を持つ悪名高いところである。。。

◆ オリンピック接近、法輪功学習者殺害激増 2008年06月18日

ニューヨーク【法輪大法情報センター】法輪大法情報センターは、中国当局に拘束されている法輪功学習者は、監禁開始後数日、さらには数時間以内に殺害されたとの一連の報告に懸念している。センターは今日、エスカレーターした虐待は、夏のオリンピックの前に「法輪功を壊滅」する行動の直接結果であると述べた。

法輪大法情報センター広報担当者であるゲール・ラクリン氏は次のように指摘した。「法輪功学習者が警察に逮捕され、虐待、そして死亡に到るスピードは、驚くべきで、また咎むです。彼らは初めから逮捕されるべきではない方々です。任意の逮捕、拷問、そして法外の罰は決してオリンピックの『準備』ではありえない。」

◆ 監禁中の母が死亡した15歳の孤児 2008年05月21日

ニューヨーク――法輪大法情報センターは、息子からの報告及び中国国内消息筋の確認によって、法輪功学習者の周慧敏氏の死亡情報を入手した。周氏は2008年3月15日に四川省成都市青羊区人民医院で他界した。彼女は44歳であった。

 「数日前、私は15歳となりました。僅か数日前に私の優しい健康な母親は拷問によって死亡しました。私の母が逮捕された後の198日間、私たちは日夜彼女のことを心配していました。私は大きな悲痛を持って母と一緒に過ごした日々を思い出しており、そして彼女を悼んでいます。」と先月法輪大法情報センターに届いた手紙に周慧敏さんの息子である周翰洋さんが書いていた。。。

◆ 中国でさらに8人の法輪功学習者の死亡が明るみに出た 2008年02月05日

【ニューヨーク・法輪大法情報センター】法輪大法情報センターは、国による迫害結果としての8人法輪功学習者の死亡に関する詳しい情報を入手した。その死亡情報は去年の11月に明らかになったのである。死亡した個人に関する情報は、目撃者、同室の囚人、家族、知人、学習者同士を含む中国内部の情報筋によるものである。

 犠牲者は五つの省にわたり、年齢は26歳か70歳に及ぶ。犠牲者の死亡は拷問、灌食、そして毒薬の投与などによるものである。彼らの逮捕は、国際法だけではなく、中国国内法にも反している。中国共産党当局による、今まで確認された死亡総数は3,127人に達した。

 その8人は以下の通り。。。

◆ 中国の代表的な弁護士に「聖人」と呼ばれた高名な拷問犠牲者 2007年11月12日

【ニューヨーク・法輪大法情報センター】法輪大法情報センターは中国東北の長春市の有名な法輪功学習者の王玉環氏が、監禁中の虐待によって死亡したらしいと報道した。良心の囚人王さんは、以前彼女の信仰により中国当局に12回にわたって逮捕され、そして頻繁に拷問されたことがある。

王さんの家族によれば、彼女は長春市中心病院に搬送された後、9月24日にこの世を去ったという。彼女は当局による拷問と虐待の後に病院に搬送されたと思われる。中国の警察は、。。。

◆ オリンピックのカウントダウンが始まっても、中国における虐殺は止まらない 2007年08月30日
法輪功学習者の付桂菊氏

【ニューヨーク・法輪大法情報センター】6月において、法輪大法情報センターは、中国共産党がこの功法への迫害によって、法輪功学習者20名の死亡を記録した。一部の事例は、2007年1月早期に発生したが、中国国内からの情報入手の難しさと危険性のために、6月になって初めて判明した。

中国の十の省と都市で発生した死亡事例の4分の3は中国の東北部で発生した。殺害被害者のうち14人は女性だが、女性は死亡総数の3,073人の中70パーセントを占めている。推定によれば、数千人が行方不明で、そして早期に殺害された人々は、続々暴露されているので、実際の死亡総数は、この数字の10倍となるという。

6月に報告された死亡者中8人は、50歳以上である。山東省膠州市の劉良(音訳)さんは最も若くて、24歳である。。。

◆ 十人の法輪功学習者の死亡が明らかになった 2007年07月06日

【ニューヨーク・法輪大法情報センター】情報センターは明慧ネットに協力する中国消息筋の報告から、中国共産党当局によってさらに十人の法輪功学習者が死亡したことを知らされた。10人中8人は、宗教信仰の自由が法律で保障されているにも関わらず要求された信仰の放棄を拒否したことを理由として、監禁中に虐待され、死亡した。また、10人中3人は67歳以上の女性である。

中国各地にわたる死亡事件は、中国政権が2008年オリンピック大会の前に法輪功を「壊滅」する新しい計画を進めているという報告に真実性を与えた。情報センター及び他の人権団体はすでに、約3,024件の死亡事件を立証したが、まだ暴かれていない数千人は、良心の囚人として中国の強制労働収容所で苦しめられ、監禁されており、いつも危険と直面している。。。

◆ 北京で留置者が殴打によって意識不明 2007年05月14日

【ニューヨーク・法輪大法情報センター】2007年3月20日、北京女子労働教養所に監禁されていた46歳の張連英(音訳)さんが殴打によって意識不明となったという情報を、法輪大法情報センターは入手した。張さんは深刻な脳出血を治療するために緊急手当てを受けた後に意識が回復したが、警察は手錠で彼女を病院のベッドにかけたので、彼女は更なる拷問と虐待の脅威に晒されている。。。

◆ 二人の黒竜江省出身の女性法輪功学習者が拷問によって死亡 2007年04月28日
徐紅梅さん(左)と沈子力さんは、重傷による死亡の前に、一週間にわたる残酷な拷問を受けた。

【ニューヨーク・法輪大法情報センター】法輪大法情報センターは、中国共産党当局の恐ろしい拷問による徐宏梅さんと沈子力さんの死亡情報を入手した。黒竜省出身の徐さん(37歳)と沈さん(年齢不明)は、法輪功煉功集団との関連を理由に、2007年1月13日に不当に逮捕された。中国における消息筋は、二人は警察による一週間にわたる「残酷な」殴打及び拷問の後、体が震えて血を吐き、痛みながら死亡した。彼女たちは死亡する間際、まだチチハル市第二病院囚人病棟で昏睡状態であった。しかしそれにもかかわらず、二人は依然として警察に監視されていた。。。

◆ 絶望した家族は、女性の遺体を拷問の証拠に、中国において正義を求める 2007年04月19日

【ニューヨーク・法輪大法情報センター】最近死亡した拷問犠牲者の曹愛華さん(ニュース)の家族は、現在までに三ヶ月にわたって曹さんの遺体を中国の西北における葬儀場の貸し低温室で保管し続け、必死に正義を求めていると、消息筋が法輪大法情報センターに伝えた。2006年11月13日に他界にした曹さんは、新疆建設兵団の女子労働教養所に拘束されてわずか二週間で死亡したのである。中共当局は通常、証拠を隠滅するために拷問犠牲者の遺体を焼却している。。。

前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次へ  (1/9) 合計件数:128