|

特集:【臓器収奪】

前へ | 1 | 2 | 次へ  (1/2) 合計件数:25


◆ 米国会、中国での法輪功学習者への臓器収奪を非難 2016年07月24日

ワシントンDC――6月13日、アメリカ合衆国下院で全会一致で前例のない決議案が採択された。その決議案は、中国での法輪功学習者及び他の良心の囚人からの臓器収奪を非難している。343号下院決議案(決議案本文)は、185名の民主党及び共和党議員から共同発議された。本決議案は何よりも、次のことを要求している。中国政府は即時に臓器収奪をやめ、法輪功への迫害を停止し、そしてアメリカ合衆国国務省の毎年の人権報告書にその詳細を盛り込むことを要請している。。。

◆ 中国の臓器収奪に関する宣言発表は策略にすぎず 殺害された良心の囚人が臓器のメイン・ソースだ 2014年12月15日

ニューヨーク――中国政府は、死刑囚からの臓器収奪を終結すると宣言したが、それは徐々に高まっている国際非難を静めるための宣伝策略にすぎず、また中国でほとんどの収奪された臓器が殺害された良心の囚人、基本的に法輪功学習者から取られたという証拠は、その宣言では無視された。。。

◆ 欧州議会、臓器収奪問題で中国政権の釈明を求める 2013年12月25日

ニューヨーク――欧州議会は、2013年12月12日にある議案を議決した。該当議案は「国家による組織的な…数多くの法輪功学習者を含む中華人民共和国の良心の囚人からの臓器収奪」を非難した。その議案は、加盟国が公にその恐ろしい犯行を非難し、そしてそれに関わる全ての関係者は確実に起訴されること呼びかけた。。。

◆ 臓器移植ツアー禁止の発議 2013年04月01日

ニューヨーク――オーストラリアの立法府議員が、この世界においての臓器売買の不法行為を暴く法律の制定を発議した。専門家は、その発議が恐ろしい臓器収奪の犯行を抑える強力な第一歩だと賞賛した。臓器収奪とは、当人の同意なしに臓器を摘出し、闇市でそれらの臓器を販売することである。それは、中国政府による大量の法輪功学習者からの生体臓器狩りを示唆していると考えられる。。。

◆ 米国の医師、ホワイトハウスに訴える 「中共の非人道的な臓器狩りに立ち向かえ」 2013年01月01日

ニューヨーク――2012年12月2日、三人の医師が、中国における法輪功学習者からの臓器収奪を調査し、やめさせるべく、オバマ政府に請願している。その請願内容は、ホワイト・ハウス・ウェブサイトの 「We the People」とのコーナーに掲示されている。ホワイト・ハウスは、どんな請願でも30日の間に25,000人 の署名を集めれば、返事をするとそのコーナーの規約に記載されている。。。

◆ 衝撃的な新しいビデオが中国での臓器狩りを詳述 2012年11月04日
新しいビデオは、大量虐殺で数百万ドルの臓器移植産業を支える真相を詳述した。

ニューヨーク――新しいオンラインビデオは、中国の軍人病院が、この10年にわたって、如何に数百万ドルの生体臓器密売ビジネスを展開したのかについて詳述した。そのビジネスとは中国市民を殺し、彼らの臓器を販売する(ビデオ)。ビデオに出てくる専門家の推定によれば、利益を得るために、法輪功学習者を主体とする数万人の良心の囚人が殺され、彼らの臓器が販売された。。。

◆ 米国連邦議会は米国国務省に、中国での臓器狩り情報の公開を促す 2012年10月15日
100名以上の国会議員は、国務省が持っている中国における臓器移植に関連する暴行の情報をリリースするよう要求した。

ワシントンDC――中国における臓器移植濫用の内情を明らかにするため、106名の米国家議員が、前例のない一歩を踏み込んで、10月3日にヒラリー・クリントン国務長官宛書簡を提出した。その書簡は、米国政府が持っている、中国における臓器移植犯罪の情報をリリースするよう、要求するものである。それらの情報は、元重慶副市長であった王立軍が2月に米国の領事館滞在中、米国側に渡したと思われる情報も含む。。。

◆ 米国会は数千人の法輪功学習者が生体臓器狩り目的で殺害された事に監視公聴会を開いた 2012年10月08日

ワシントンDC――水曜日(9月12日)米国下院外交委員会で、四人の専門家が、中国における宗教及び政治犯に対する強制生体臓器収奪について証言した。

中国では毎年少なくとも1万例の臓器移植手術が実施されている。中国政府は、死刑囚からのものだと主張したが、医学専門家と人権活動家は、臓器移植手術の数と死刑囚の数が合わないことを指摘した。。。

◆ 臓器収奪による法輪功学習者虐殺の件が米国会公聴会で伝えられた 2006年10月15日

【ニューヨーク10月4日】何の罪も犯さぬ4万人にも上る法輪功学習者は、中国の病院で秘かに殺され、そして彼らの臓器は「注文」に応じて売却された、と調査員らは先週金曜日(9月29日)にワシントンDCの米国議会の委員会にこう伝えた。現状は悪化しつつあるが、この進行中の虐殺を一向にやめる気配が見えない。
「この問題の核心は時間です。我々は、中国における無辜の人々が、商品としての臓器のために殺されつつあります。」とカナダの元国務省アジア太平洋担当の閣僚であったデービット・キルガー氏は、議会の監視調査委員会に伝えた。。。

◆ 法輪功学習者への殺害及び広範に行われている臓器
収奪に関する報告を攻撃することで得するのは誰か
2006年08月21日

【ニューヨーク法輪大法情報センター】中国情報センター(中国語名称は、中国信息中心、英語名称はChina Information Centre)の責任者の呉弘達氏(英語名は、ハリー・ウー)は、法輪功学習者が中国当局による臓器収奪のターゲットとされている報告を非難、中傷する文章を発表した。最初の証人とこの犯罪事件の調査員は、法輪功学習者ではないにもかかわらず、彼は積極的にメディアと米国連邦議会議員にコンタクトを取り、この告発は詐欺的だと彼らを説得し、法輪功学習者がこのストーリーを捏造したと非難した。。。

◆ 中国及び世界における法輪功に関する週刊ニュース 2006年08月17日

◆世界的に外科医による強制的な臓器移植の実施を禁止
◆カナダ法輪大法学会、中共の全面的な否認に関してメディアに忠告
◆5千人の台湾人、臓器収奪をやめさせるためにハンストを行う
◆ザ・クリスチャン・サイエンス・モニター紙社説、臓器収奪及び中国の開放性
◆ザ・クリスチャン・サイエンス・モニター紙、キルガー‐マタスの報告にある電話記録を発表

◆ カナダ法輪大法学会、中共の全面的な否認に対してメディアに忠告 2006年08月14日

【トロント法輪大法情報センター】7月6日、カナダ元の国務省アジア太平洋局長のデービッド・キルガー氏と国際人権弁護士のデービット・マタス氏による、中国における法輪功学習者への臓器収奪に関する報告(ニュース)が公表された後、われわれは、中国政権がこの報告を否認することを十分に予期している。Googleで「中国の否認(China Denies)」という簡単な検索を行えば、7,700,000の項目が現れる。。。

◆ 移植大会に出席する中国代表団、拷問共謀罪でボストンで刑事告発をされた 2006年08月03日

ボストン【法輪大法情報センター】― ボストンにおいて、拘禁中の法輪功学習者からその生存中に心臓、肝臓、及び腎臓等の臓器を強制的に摘出する行為を監督する立場にあったとして、中国の臓器移植センターの主任が刑事告訴された。中国人医師陳忠華と朱同玉の2人の氏名が火曜日に(7月25日)に提出された告訴状に記載されている。告訴状が提出されたとき、同医師2人は、ボストンのプレデンシャルセンターで開かれた世界移植大会の年次大会に出席していた。翌日午前、三人目の沈中陽医師の氏名が同告訴状に追加された。。。

◆ 中国及び世界における法輪功に関する週刊ニュース 2006年07月29日

臓器収奪特集
●独立調査の結論、臓器収奪事件告発内容と一致する
●独立調査報告書全文のダウンロードするウェブサイト
●カナダ調査員の中国共産党への返答
●カナダ政府も調査を行う予定
●欧州連合副議長は中国における秘密会見について報告
●組織的臓器収奪を指摘する証拠が累積しつつある

◆ 新しい独立調査報告の結論、法輪功学習者
の臓器を収奪され、被害者を殺されている
2006年07月08日

ニューヨーク「法輪大法情報センター」― 法輪功の留置者に対しての臓器収奪を行っていると指摘した45ページの調査報告は木曜日(7月6日)に公表された。法輪大法情報センターはこの報告を「極めて重要」だと言っている。カナダ元のアジア太平洋局長のデービッド・キルガー氏と人権弁護士のデービット・マタス氏によって共同執筆されたこの報告は、「この告発は真実だという悲しむべき結論」を引き出した。

キルガー氏は水曜日に報道陣に対して、次のように語った。。。

前へ | 1 | 2 | 次へ  (1/2) 合計件数:25